MENU
\ ポイント最大9倍! /

【鬼滅の刃の謎】柱はなぜ9人なのか徹底調査!

鬼滅の刃の柱はなぜ9人?

近年、人気急上昇のアニメ『鬼滅の刃』。この作品の中で、柱という存在が登場していますが、なぜその数が9人なのか?また柱とは何なのか?今回の記事では、この謎を解き明かすために、柱を徹底的に調査していきます。9人の柱の名前とプロフィールを解説し、柱の数と背景についても詳しく解説します。この記事を読めば、『鬼滅の刃』の柱の謎がすべて解き明かされるはずです。どうぞご期待ください!

目次

鬼滅の刃の柱はなぜ9人?

9という数字は、神聖幾何学や代数学など、多くの文化的文脈で神秘の源となっている。鬼の刃」の世界でも、「9」という数字には特別な意味があります。9本の柱は、世界で最も強力な鬼退治の担い手であり、それぞれがユニークで強力な武器を持っている。九柱は、日本の様々な一族が競って選んだと言われている。なぜ9人なのか、その理由は定かではないが、各々が持つ力と、物語における重要性が、この決定に大きく影響したと思われる。

柱は誰?

9人の柱は次の通りである。富岡義勇、胡蝶しのぶ、煉獄京十郎、渦天、時透無一郎、甘露寺光里、伊武郎小磐井、不死川実弥、行明観音。この9人は『鬼の刃』の世界で最強の鬼退治人であり、それぞれ大きく異なる力と個性を持っている。

鬼滅の刃に登場する柱のプロフィール

富岡義勇

富岡義勇、通称トメカは、剣トマホークを操るピラーズのリーダーである。10歳の時、古代の剣トマホークに選ばれ、ピラーズのリーダーとなる。富岡は意志が強く、自立した性格で、しばしば周囲に挑戦し、自分を追い込む。

煉獄京十郎

煉獄の剣の使い手であり、第三の柱である煉獄京十郎。仲間を大切にする心優しい性格だが、戦場では圧倒的な強さと恐れを知らない強さを持つ。剣術と格闘の達人であり、その剣は鬼を倒す力を与えると言われている。

宇髄天元

四天王の一人で、刀「うずみざき」の使い手。剣の才能があり、非常に強力な古代の剣である「うずみさき」の使い手である。一匹狼的な性格で、戦場ではやや無茶をすることで知られている。また、忍術の達人としても知られている

不死川実弥

時透無一郎

時透無一郎は五柱であり、刀「うろこだき」の使い手である。剣の腕は確かで、鍛錬に励んでいる。また、内向的な性格で、可能な限り人の邪魔をしないことを好む。武器はチタン製の強力なカタナ。

悲鳴嶼行冥

胡蝶しのぶ

バタフライ・シノブは、『鬼灯の冷徹』の二柱目です。蝶が大好きな明るく元気なキャラクターで、ピラーの中で一番強くなることを夢見ています。アクロバットや武術が得意で、戦略家でもある。水の柱である彼女の武器は、2本の蝶の形をした刃物である。

甘露寺蜜璃

カンロジ・ミツリは、6番目の柱で、刀「ヤマト」の使い手。意志が強く、情熱的な性格で、戦うこと、自分の強さを証明することが大好きです。古武術「ヤグデン」の使い手で、彼女の剣「ヤマト」は、どんなに手強い鬼をも切り裂くと言われている。

伊黒小芭内

七本目の柱で、刀「明刀」の使い手。

まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次